WORK

鋼鉄シリーズ

準備中

鋼鉄茶釜獣(Koutetsu-chagamajyu)

茂淋寺の住職、守鶴により産み出されたハイブリッド妖怪。
イタズラで茶釜に化けていたところを守鶴に捕まり、炊飯ジャーとの合成改造をされてしまった哀しき白物妖怪。本人としては炊飯ではなく、茶の湯専用としての使用を希望している。釜下部に備え付けられた「キャンノン砲」はメガ粒○砲よろしく「美ノ婦スキー粒子」をキャンに充填し、パンパンになると一気に放出、半径500メートル内を焦土と化す。ただ、あくまでも戦闘用ではなく、守鶴には家電として使用されている。鋼鉄茶釜獣で炊くご飯は何を炊き込んでもほんのりとドングリの味がするらしい。

準備中

ヒョットコ鉄仮面(Hyottoko-Tekkamen)

茂淋寺の住職、守鶴により産み出された雑用ロボット。
守鶴に命じられ、主に妖怪の捕獲を担当している。個々の能力は低いため、捕獲は集団にて行っている。集団の中には脳波で指示を出しているリーダー個体がいるらしいが、どの個体なのかは主人の守鶴も把握していないという。また、ロボットではあるものの、個々の好みは違うらしく、それぞれの手ぬぐいと褌はカラフルである。以前、守鶴がショッカーに憧れ、統一コスチュームを提案するも、ヒョットコ達によるストライキが起き、却下させられている。

準備中

鬼駆道(Onikudou)

茂淋寺の住職、守鶴により産み出されたハイブリッド妖怪。
輪入道界の頭文字Dを目指していた彼だが、ある日、寺の近くの峠をゴキゲンに攻めていたところ、ヒョットコ鉄仮面がお使い中に落とした豆腐で滑り、光る雲を突き抜けFly Away(Fly Away)。空中に投げ出され、体中にパノラマが広がるもそのまま茂淋寺へ。顔を蹴られた守鶴は怒って(怒って)、火山を爆発させる代わりに、輪入道を牛の心臓とのハイブリッド妖怪へ改造した。キャタピラ走行に改造後、鬼駆道と命名される。走行可能領域と勢いは増加したが、哀しいかな牛歩へ。念願の頭文字D(鈍足)の異名を手に入れた。

準備中

キョンシネーター(Kyonshi-nator)

茂淋寺の住職、守鶴の弟で中国に渡った正英道士により産み出されたアンドロイドキョンシー。
道士が某世紀末映画の大ファンらしく、骨格ベースを例の800番台のアンドロイドを模して造るも、「皮を被せたら見えなくなっちゃう!」と言う理由であえてアンドロイド部を露出して造られた。お札には道士の命令通りに動くよう、制御システムが組み込まれているが、道士の目を盗んで少しずつ焼いている。お札は原因は不明のバグにあてられているパッチ(修正プログラム)のようなものであり、それが外れると・・・

モンスター学園シリーズ

準備中

サイクロプス君(Cyclops-kun)

モンスター学園、二号生筆頭
「撲針求(ぼくしんぐ)」を得意とするが、もちろんフィニッシュブローは拳ではなく、その頭に堂々とそびえ立つ角である。角のお手入れは毎朝30分かけて念入りに行っている。メデューサちゃんを巡ってのサラマンダー君との軍艦島での死闘は記憶に新しいが、サラマンダー君とは現在のところ十勝八敗三引分である。その厳つい見た目とは裏腹に、どうしてこの世はあるのか、どうして俺たちはここにいるのかという事をよく考えている。座右の銘は「生きるってきっとワクワクMystery」

準備中

サラマンダー君(Salamander-kun)

モンスター学園、二号生
自称「メデューサちゃん親衛隊筆頭」。サイクロプス君との二敗は死合中、メデューサちゃんのパンチラに目を奪われ、そのまま石にされた事による敗北。自身の炎ではもちろん火傷はしないが、本人曰く「地獄の業火で火傷はしないが、恋の炎に焦がれてる」。いかに自身の内に秘めたる情熱が大きいかを語っているらしいが、三分の一も伝わらず、純情な感情は空回り中。

準備中

メデューサちゃん(Medusa-chan)

モンスター学園、二号生
二号生学園のアイドル。ではなく、風紀委員。乱れた学園を正すべく、紋入りのヨーヨー片手に大立ち回りをしているのをよく見かける裏筆頭。サイクロプス君とサラマンダー君に好意を寄せられていることは把握しているが、「不純異性交遊は風紀の乱れ」として全く取り合わない。風紀取締の最終手段として相手を石化してしまうので、彼女の入学以来、学園内には偉人ではない石像が増加してしまっている。

準備中

フランケン先生(Franken-sensei)

モンスター学園、教頭
自己紹介の「モンスター学園のハンカチ王子」を鉄板だと思い込んで疑わない555歳。人間界で生まれ育った彼は小さいころに悲しい思いをした事もあり 人を見た眼で判断してはいけないことを伝えるべく教師になったが、モンスター学園に赴任後、異形の生徒ばかりの環境でその信念は大きく揺らぐことになる。ベストセラーの自著「モンスターは見ためが9割」にその心情が吐露されている。

A-MENシリーズ

A-MENとは・・・
プロフェッサーAの設立した施設、「恵まれすぎし子らの学園」に集められた神のごとき特殊能力を持った人間達により結成された集団である。彼らは世に忍びよる脅威や悪意やイタズラと戦うべく日々研鑽を積んでいる。
その神のごとき特殊能力の種類は個々により様々だが、それが遺伝子の突然変異によるものなのか、全ての人類に存在している秘められし能力なのか、はたまた宇宙(コスモ)なのかチャクラなのか矢に貫かれたからなのかは未だ解明されていない・・・。

準備中

サイクロジーザスG(CYCLOGESUS-G)

A-MENの絶対的リーダーであり、精神的支柱。
メンバーの誰もが彼のリーダー性を認めているが、体内に「アダママンチチウム」を内在させる彼とは何かといさかいを起こしている。
彼の能力は眼より放射する超聖エネルギーである。手の甲に刻まれた聖痕から負のエネルギーを吸収し、体内で超聖エネルギーへと変換したものを眼より放射することができるものである。その威力は絶大で、最大出力であれば10o2db※を記録するという。某ミュータントとは違い、エネルギー放射の量やタイミングの調整は可能だが、放射の際にエネルギーを一点集中させるために寄り目になってしまう。それを隠すためにバイザーを付けている。小さいころのあだ名は「だっふんだ」であり、それゆえかガラスが割れる音を現在でも極度に嫌っている。
※o2db(単位:oshiokidabeの意)

↑ PAGE TOP